スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少数派保護宣言

2005-08-23

★少数派保護宣言

私自身も経験があるのですが、そのつもりでなくても、複数人でお話が弾むとつい大きな声になってしまうものです。
それに、親しい仲でも、相手を注意するというのは案外難しいものですよね。

複数人に対して、一人というのは、なんとも発言しにくいものです。無意識にせよ、知らず知らずのうちに、大人数の方が優位な力関係が働いてしまいます。
それが飲食店の店舗内とあれば、店の方針もあるでしょうから、我慢するか、自分一人が店を出て行く以外、仕方がなくなってしまいます。
そういった場合、発言力を持つのは店の人間だけです。案外、禁煙でお酒を出さず、一人のんびりできる空間というのは探してもないものです。折角のんびり読書できると思ったのに・・・という気持ちに応えられるのは、店の中では私一人しかいません。

弊店は狭小店舗ですので、座席は2名様席までしかご準備できません(2名様席が4つと1名様席が2つになります)。混雑時は3名様以上のお席をつくることが困難になってしまいます。
また、古本を商っておりますため読書空間を求めてのお客様が多いのです。
そのため、隣り合う席をつけて3名様以上の席をおつくりすることは原則いたしておりません。どうしてもお話専用の席と化してしまうからです。談話室を設ければよいのかもしれませんが、そのような経済的余裕がございません。できる限り良いものをリーズナブルにギリギリで踏ん張っています。ご勘弁下さい。

店の利益を考えるなら、複数人のお客様に沢山お越しいただくのが良いに決まっています。できるだけ小さなテーブルに小さな椅子で、無理にでも席間隔を詰める方法をとるでしょう。
どうも下町ブームは健在なようで、幸いメディアに取り上げられる機会も多くあります。しかし沢山のお客様が一時的にいらっしゃっても、飽きられれば弊店のような零細店舗は潰れるまでです。
弊店は気に入っていただけるお客様に支えられながら、細々とでも末永く営業していきたいと考えています。お一人お一人、確実に気に入っていただけるお客様を大事にしていきたいのです。

誤解のないよう申し上げますが、複数人でのご利用は大歓迎です。ただ、先に触れたような力関係において居心地の悪い思いをしているお客様がいらっしゃることを忘れないで欲しいのです。
ついうっかりということもあると思います。その際は店を営むものの責任として、否応なく指摘させていただくケースもございますので、大変心苦しいのですが、どうぞご理解・ご容赦いただきたく存じます。複数人の内のお一人でも、今度一人でゆっくりしに来ようと思っていただけるような店づくりに努めてまいりますので、宜しくお願い申し上げます。
スポンサーサイト
プロフィール

結構人

  • 結構人ミルクホール店主
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。